【登壇労組リーダー】「共感」に根ざす未来づくり/廣澤 茂之

2016.12.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今年10月、それまで70年間活動してきた「コープこうべ労働組合」と、40年間パートタイマーによる自主的な活動をしてきた「コープこうべ定時職員協議会」が組織統合し、「コープこうべユニオン」を結成した。

 私たちの職場には、様ざまな雇用区分の職員が働いており、マネジメントや人間関係などの問題によって職員同士で対立することがままあった。ところが、働く者の組織が2つに分かれていたため、問題解決が複雑になってしまうことが課題であった。…

筆者:コープこうべユニオン 書記長 廣澤 茂之

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年12月12日第3092号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ