【登壇労組リーダー】現場との対話が何より重要/石原 宏基

2015.10.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 こだわりがないのであまり大きな声ではいえないが、趣味は? と問われれば、毎年、夏から秋にかけて山登りに行く。北アルプスなどはそれほど遠くない(車で3~4時間)から、住環境には恵まれているといえる。

 今年は8月に富山県の立山に行ってきた。登る山にもよるが、登山道は山頂に向けて幾つか整備されており、天候や途中の景観、体力の負担度合いなど、どの登山道を歩けば最良かを勘案しつつ選んでいる。…

筆者:連合岐阜 副会長 石原 宏基

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年10月5日第3035号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ