【登壇労組リーダー】“多様性”活かし運動を展開/松浦 昭彦

2016.10.24 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 UAゼンセンは2012年11月、旧UIゼンセン同盟と旧サービス・流通連合が統合し、組合員数141万人で結成された。以来、組織拡大と組織強化に注力し、本年9月の定期大会時には164万人の組織となっている。

 組織拡大は労働運動の原点であるが、「手段」であって「目的」ではない。目的は第一に労働組合のない職場に労働組合を作り、集団的労使関係を構築し、働く仲間の雇用・労働条件・職場環境を改善すること、第二に同じ産業・業種内に労働組合のない企業をなくし、公正労働基準を確立することにある。…

筆者:UAゼンセン 会長 松浦 昭彦

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年10月24日第3085号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ