【登壇労組リーダー】組合活動の旗印は「元気UP」/西山 裕

2012.06.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 我われは、昨年策定した中期ビジョンの総称である「元気UP」を旗印に活動している。

 同ビジョンの目的は本来、環境の変化、組合員ニーズの方向から大きなトレンドをつかみ、役割を終えたもの、継続すべきもの、新たに付加すべきものを検討し、活動の方向性を決定、そして組織全体のコンセンサスをつくることにあると思う。

 しかし、急激な変化への対応を求めるあまり、また次の時代に引き継ぐに値する創造的な活動を求めるあまり、その内容が職場や組合員から遊離したものとなっては元も子もない。…

筆者:三菱電機労組 福山支部 執行委員長 西山 裕

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年6月18日第2877号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ