【登壇労組リーダー】首都東京で120万組織めざす/杉浦 賢次

2015.08.24 【労働新聞】

 1989年11月、「力と政策」をスローガンに、イデオロギーではなく、すべての働く者のために結成された連合に続き、翌12月20日に結成され26年目を迎えているのが我われ連合東京である。

 来る10月21日に第14回定期大会(定期大会は2年に1回開催)を開催し、2年間の運動方針を提案・確認する予定である。現在、局長クラスを中心に運動方針案を策定しているが、連合東京としての考え方について紹介させていただこうと思う。…

筆者:連合東京 事務局長 杉浦 賢次

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成27年8月24日第3030号6面

あわせて読みたい

ページトップ