【登壇労組リーダー】リーダー育成通じ職場活性化/三村 琢

2012.11.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 我われの課題は多岐に渡るが、組織の強化を重要課題の一つに位置付けている。中でも重要視しているのが、若年組合員層の参加率の向上と、女性も含めた次世代リーダーの育成についてである。

 当労組の役員は、職場の代表である中央委員と呼ばれる支部執行委員と中央執行委員で構成するが、近頃は中央委員の人材確保に苦労することもしばしばで、組合活動に対する認識の低い人が中央委員になることもあり、活動の継続性や広がりに課題がある状況にある。

 中央委員は30歳代が中心であるため、…

筆者:日本ガイシ労働組合 中央執行委員長 三村 琢

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年11月12日第2896号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ