【登壇労組リーダー】偽装委託闘争には絶対勝つ/高橋 功

2016.09.26 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 今、皆さんが依頼主と業務委託契約を結んだと仮定していただきたい。従業員5人を要する24時間体制の業務である。

 従業員の採用には依頼主の許可が必要であり、依頼主は従業員に基本給18万円を支払うことを条件に、1人月9万円の手数料を払う。当然、そこで働く従業員には残業代などなく、24時間体制で月1、2回の休みという劣悪な労働条件である。

 皆さんは、こういった契約を依頼主と結ぶだろうか?多分この契約を結ぶ人はいないと思われるが、こうした契約が㈱ベルコと代理店店長との間で結ばれているわけである。…

筆者:全ベルコ労働組合 執行委員長 高橋 功

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年9月26日第3082号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ