【登壇労組リーダー】”温故知新”の心失わず/木村 英明

2014.08.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 来年6月1日、我われJFEスチール福山労組は結成50周年を迎える。50年前の結成大会は、福山製鉄所の発足4カ月後に、約400人の全組合員が出席するもと、構内の冷延工場商品倉庫において、トレーラーの荷台を演壇に、正面両サイドには「欧州並みの賃金と時間短縮をかちとろう」「友愛と信義で強い組織をつくろう」と書いたスローガンの垂れ幕を掲げて開催されたとの記録が残る。…

筆者:JFEスチール福山労働組合 書記長 木村 英明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年8月25日第2982号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ