【登壇労組リーダー】安全最優先は「人への投資」で/井口 昌宏

2013.02.25 【労働新聞】

 連合は13春闘方針で、働くことを軸とする安心社会の実現に向け、適正な成果配分を追求し、企業における成長の源泉である「人財」を育てる観点から、その活用とそれによる付加価値の増大を図り、適正な配分を通じて日本全体の成長を図る、旨を訴えている。

 JRは現在、急激な世代交代に直面しているが、…

筆者:JR連合事務局長 井口 昌宏

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成25年2月25日第2910号6面

あわせて読みたい

ページトップ