【登壇労組リーダー】〝人への投資〟未来のために/中村 弘一

2015.02.16 【労働新聞】

 労働運動のリーダーにとって非常に大切なことは「下からものを考える」発想というか姿勢である。常に労働者の目線を忘れない。「弱い立場の労働者のために私は権化となって闘う」(友愛会創始者・鈴木文治)――労働組合を立ち上げて6年、この言葉を胸に刻み一歩一歩、階段を上ってきた。…

筆者:アークランドグループ労働組合 中央執行委員長 中村 弘一

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成27年2月16日第3005号6面

あわせて読みたい

ページトップ