【登壇労組リーダー】「情」と「理」/山﨑 弦一

2014.06.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 これまで、労働組合役員として多くの経営者の方々と労使関係を持ってきたが、その中でも尊敬する経営者のお一人が、経営の神様として知られる松下幸之助さんだ。私自身は残念ながら直接お話を伺う機会はなかったが、先輩の皆さんのお話を聞いていると、人と組織を動かしていくうえで、「情」と「理」を天才的にうまく使われた方だと思う。…

筆者:連合大阪 会長 山﨑 弦一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年6月23日第2974号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ