【登壇労組リーダー】検討すべき“最賃機能”/木住野 徹

2014.12.08 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 日本の最低賃金は、07年の最賃法改正まで生活保護の水準に満たないものが少なからずあった。08年から改正法に基づく「見直し」が始まり、生活保護基準に満たない最低賃金は、ようやく14年になってなくなった。07年の改正法が、単身者生活保護基準の生活保護よりも低い最低賃金を問題としてきた、その理由としてあったのは、モラル・ハザードの問題であった。では逆に、生活保護よりも低い最低賃金が、07年まで問題にならなかった理由は何であったろう。…

筆者:JAM 労働・調査グループ長 木住野 徹

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年12月8日第2996号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ