【登壇労組リーダー】現場労働者の発言力強める/木村 潮人

2015.09.07 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 私たちは、東京都内の大工や左官などの建設労働者親方11万3000人を組織する個人加盟の労働組合であり、敗戦間もない1947年1月15日、石工を中心とするわずか70数人で結成。「産業別個人加盟」というスタイルで居住地を基本に組織を作り、「ケガと弁当は自分持ち」といわれる無権利状態に置かれた建設労働者の要求を基礎に運動を展開している。

 目下最大の運動課題は、…

筆者:東京土建一般労働組合 賃金担当常任中央執行委員 木村 潮人

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年9月7日第3031号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ