【登壇労組リーダー】時代の転機と不易流行/小澤 政道

2014.10.06 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 当社は、1976年に愛知県西尾市に第1号店をオープンして以来、地域社会へ貢献できる「まちのかかりつけ薬局」をめざして事業展開をしてきた。そして38年経った今、東名阪を中心に約950店舗を展開、年商も3600億円を超えるまでに成長した。

 会社の成長とともに労働組合の結成を求める機運が高まり、02年に組合員数855人・専従役員1人で活動をスタートさせた。今では組合員数4500人を超え、専従役員も6人体制となり、組織的な活動ができるようになった。しかしながら、会社が大きくなれば問題点・課題も多様化し複雑化する。…

筆者:UAゼンセン スギ薬局ユニオン 中央執行委員長 小澤 政道

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年10月6日第2987号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ