【登壇労組リーダー】賃金の絶対額求め格差是正へ/須田 孝

2012.12.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 2013春季生活闘争方針に掲げた「賃上げ部分」の分かりやすい解説を、ということであるが、紙面の都合もあるだろうからポイントを中心に触れたい。

 まず、13春闘の意義は「傷んだ雇用・労働条件」の復元である。賃上げ要求では、「低下した賃金水準の中期的な復元・格差是正、体系のゆがみ等の是正」に取り組む。

 具体的には「構成組織は個別銘柄でのふさわしい賃金水準を設定し、実現を目指した運動を展開する」としたわけである。つまり、…

筆者:連合 総合労働局 総合局長 須田 孝

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年12月24日第2902号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ