【登壇労組リーダー】「国際協同組合年」機に連帯強化/大塚 敏夫

2012.01.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 2012年は国連が定めた「国際協同組合年」であるが、労働組合関係者はもとより「国際協同組合年」を知っている人はわずかである。ましてや、「国際協同組合年」と労働組合運動を結び付けて考える人は、未だ少ないのではないか。

 国連が協同組合という特定の組織形態を「国際年」に指定した目的は、経済のグローバル化が進む中で貧困の根絶、雇用の創出、社会的統合の強化が世界的な課題となっており、協同組合が持つ、それらの機能の発揮が重視されたからである。…

筆者:労働者福祉中央協議会 事務局長 大塚 敏夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年1月16日第2856号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ