【登壇労組リーダー】今春闘も前面に「底上げ」を/河村 滋喜

2016.02.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 JR連合は、JR8単組・グループ91単組、組織人員8万2000人を擁するまで拡大し、JR労働界を代表する最大の産業別労働組合になっている。

 昨年6月の定期大会で事務局長に就任した私は、諸先輩方が築き上げてきたJR連合をさらに発展すべく、まずは安全の確立、労働条件の向上、組織拡大・強化、政策制度実現など、諸課題解決に向けて邁進していくことを決意の一端とする。

 事務局長就任から7カ月が過ぎた今、16春闘がスタート。昨年の15春闘では、ベースアップ要求をはじめとする月例賃金の引上げを基軸とした諸労働条件の向上に向けて、総合生活改善闘争に全力を傾注した。…

筆者:JR連合 事務局長 河村 滋喜

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年2月1日第3051号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ