【登壇労組リーダー】「技能実習」拡充は違う/影山 政行

2014.07.28 【労働新聞】

 東京の建設労働者の社会保険加入率は、国土交通省が直近で発表した数値によると公共工事で31%。まだまだ多くの労働者が未加入状態にある。国民年金にも加入していない仲間もいて、老後の生活不安に晒されている。

 その解消に向け、同省は2012年に社会保険加入5カ年計画を発表、日本建設産業連合会も推進の提案を行った。我われ東京土建は、行政・業界と歩調を合わせる決意である。…

筆者:東京土建一般労働組合本部 賃金担当常任中央執行委員 影山 政行

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成26年7月28日第2978号6面

あわせて読みたい

ページトップ