【登壇労組リーダー】労組の人材育成議論深める/加藤 光一

2015.07.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中坊公平元日弁連会長を座長とする連合評価委員会が2003年9月に取りまとめた最終報告で、「職場から、地域から、空洞化する足元からの再出発を。労働者にとって身近な場所での地道な活動にしっかり取り組むことがスタートラインとなる」――連合運動再生に向けた一つの指標がこう示された。

 これは職場・地域に運動がみられなくなりつつあることへの警鐘であり、主な要因は、「役員と組合員」「組合員と組合員」によるコミュニケーション(面談・対面)の希薄化にあろう。…

筆者:事務局長 連合福島 加藤 光一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年7月27日第3026号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ