【登壇労組リーダー】20万組合員の「賃金地図」を!!/森藤 剛正

2013.07.22 【労働新聞】

 38の産業別組織(20万組合員)で構成する連合静岡は、組織強化と社会運動としての意義を踏まえ、地域における合理性のない賃金格差を是正するため、個別賃金調査に毎年取り組んでいる。昨年は4万262件のデータが集まった。

 労組の果たすべき「労働条件の維持・向上」に向け、組合員の賃金実態を把握する必要があるのは言うまでもない。…

筆者:連合静岡 中小労働局長 森藤 剛正

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成25年7月22日第2930号6面

あわせて読みたい

ページトップ