【登壇労組リーダー】「対話」の重要性を改めて実感/遠藤 洋

2013.11.11 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 当社は、高度経済成長期の昭和38年12月、急速に増大している国内の銅需要に対応するため、日本初の共同製錬所として創設され今年で創立50周年を迎えた。

 福島県いわき市小名浜の臨海地において昭和40年に受託製錬操業を開始して以来、数次にわたる増設・改良を加え、高品質で生産性の高いクリーンな製錬所として、国内でも有数の銅製錬所に成長したと自負している。…

筆者:小名浜製錬所労働組合 書記長 遠藤 洋

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年11月11日第2944号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ