【登壇労組リーダー】時代の変革期に結成70周年/岩本 潮

2016.09.12 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 全電線は、戦後の荒廃から間もない昭和21年7月2日、同一産業に働く仲間の大同団結と労働条件の改善をめざして、23組合・1万2000人で結成された。以降、組織としての礎が築かれていくなかで、数々の運動の歴史と時を刻み、ここに記念すべき70周年を迎えることができた。

 これまで辿ってきた70年間は、戦後の復興期から高度成長期、バブル経済崩壊後の長期景気低迷の変革期や世界金融危機による世界同時不況など、それぞれの時代において数知れぬ苦難と幾多の試練が全電線の運動の歴史に刻み込まれている。…

筆者:全電線 中央執行委員長 岩本 潮

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年9月12日第3080号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ