【登壇労組リーダー】経営破たんの痛み今も胸に/永島 智子

2016.12.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 私たちは現在、16社14万人(イオン㈱、イオンリテール㈱を含む)と労働協約を締結し、イオングループ労働組合連合会(43組合、25万5000人)の中核組織である。

 数は力であり、大きな責任を伴うが、非常に複雑な運営となりがちであるため、私はシンプルで分かりやすい活動、労働組合らしい活動を推進したいと考えている。分かりやすいとは、困っている人の相談に乗り課題を解決する、課題を放置しない、踏みつけられたら痛いと怒る、組合員が明るく元気に仕事ができる職場環境を整備する等々、ごく普通に組合の機能として期待されていることであり、それを愚直に実行できる組織でありたい。…

筆者:イオンリテールワーカーズユニオン 中央執行委員長 永島 智子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年12月5日第3091号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ