【登壇労組リーダー】可処分所得向上へ労組も一役/藤田 信次

2013.03.04 【労働新聞】

 労働組合にとって重要な取組みである「春闘」において、ここ数年、我われが求める賃金改善が思うように実現していない。この状況が今後も続くことが想定される今、労働組合が求心力を高め、組合員の生活の安心・安定をどのように確保していくかが大きな課題となっている。…

筆者:山九労働組合連合会 中央執行委員長 藤田 信次

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成25年3月4日第2911号6面

あわせて読みたい

ページトップ