【登壇労組リーダー】可処分所得向上へ労組も一役/藤田 信次

2013.03.04 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 労働組合にとって重要な取組みである「春闘」において、ここ数年、我われが求める賃金改善が思うように実現していない。この状況が今後も続くことが想定される今、労働組合が求心力を高め、組合員の生活の安心・安定をどのように確保していくかが大きな課題となっている。…

筆者:山九労働組合連合会 中央執行委員長 藤田 信次

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年3月4日第2911号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ