【登壇労組リーダー】今春闘を格差是正の土台に/向井 邦夫

2016.05.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 2014年・15年とも満足のいく数字ではなかったが、今春闘においても月例賃金の引上げを継続しなければならない。

 私たち連合佐賀では、構成組織・地域協議会による総勢1300人参加のもとで開催した3月5日の佐賀県総決起集会以降、デフレからの脱却と経済の好循環実現をめざし、「持続性」「月例賃金」「広がり」「底上げ」に加え、連合佐賀独自の取組みである「労働時間短縮」などを掲げ、今現在も中小を中心に春闘を継続しているところである。

 総決起集会では、「クラシノソコアゲ応援団! 2016RENGOキャンペーン」の取組みを含めた“パレード”も行い、我われが設置している「女性委員会」のアナウンスを受けながら、同じく「青年委員会」のメンバーが不慣れながらもシュプレヒコールを繰り返した。…

筆者:連合佐賀 事務局長 向井 邦夫

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年5月23日第3065号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ