【登壇労組リーダー】郵政改革への新たなスタート/添田 昭史

2012.09.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 JP労組は結成以来、郵政民営化がもたらした弊害を除去し、企業性と公益性のバランスのとれた郵政事業の再生をめざすため「郵政改革の実現」に向け取り組んできた。極めて厳しい国会情勢ではあったが、4月27日、「郵政民営化法の一部を改正する等の法律案」の成立をもって経営形態等、一定の整理が図られた。法案の成立を受けて、JP労組は郵政改革に向け新たなスタート地点に立ったといえる。…

筆者:JP労組北海道 地方本部 執行委員長 添田 昭史

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年9月3日第2887号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ