【登壇労組リーダー】1つの会社に1労組めざし/宇髙 誠

2016.03.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 弊労組は、東武トラベル㈱とトップツアー㈱の統合(昨年4月1日)に伴い、同年8月、両社の既存労組が組織統合して結成したばかりの労働組合である。

 私が1999年に入社した東急観光㈱は04年に東急電鉄から投資ファンドへ株式譲渡、社名もトップツアー㈱へ変わり、更に別の投資ファンドへの株式譲渡を挟み、13年8月に東武鉄道へ株式譲渡され現在に至っている。

 経営統合に関するプレス発表を受け、東武トラベル労働組合とトップツアー労働組合とで「組織統合検討委員会」を設置。働く者の立場から両社の賃金・労働条件、仕事の課題、労働組合の組織・財政等について比較検討を行い、会社側の統合に関する検討状況を注視しつつ、統合後のあるべき姿について議論を重ねた。…

筆者:東武トップツアーズ労働組合 中央執行書記長 宇髙 誠

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年3月14日第3056号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ