【登壇労組リーダー】介護従事者の〝処遇改善〟を/染川 朗

2015.01.26 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 弊労組は、2000年の介護保険制度開始により民間事業者が参入し、介護従事者が増大することを見越して同年2月に結成。今現在、組合員数約6万7000人の規模まで漕ぎ着けたが、介護従事者全体からみると組織率はわずか2.5%程度に過ぎず、組織拡大の取組みの状況は厳しい。

 要因は様ざまだが、未組織労働者からの労働相談に解決のための「組合結成」を仮に勧めても、相談者の多くは「そんな苦労をしてまで今の勤め先を良くする気はない、難しいなら同じ給料で雇ってくれる他の会社に移ります」――こんな回答を寄せる。…

筆者:UAゼンセン日本介護クラフトユニオン 事務局長 染川 朗

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年1月26日第3002号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ