【登壇労組リーダー】3年がかりで世界協定締結/新妻 健治

2015.01.12 【労働新聞】

 概ね3年の月日が必要だったが、会社が11年度からの中期経営計画の重要戦略として「アジアシフト」を打ち出したことが、「グローバル枠組み協定」締結の大きな契機だった。今回の偉業は、関係各位の「社会正義への信念」の表れであり、「執念の果実」であると確信している。…

筆者:イオン労働組合連合会 会長 新妻 健治

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成27年1月12日第3000号6面

あわせて読みたい

ページトップ