【登壇労組リーダー】〝ベア9000円〟求める訳/藤川 慎一

2015.02.02 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 ものづくり産業労働組合JAMは、約1600単組が春闘要求を行うが、そのうち300人未満の中小労組は1360単組で100人未満が960単組ある。まさに中小ものづくりの集まりである産別において15春闘を考えるに当たり、いくつかのポイントがある。

 まずは、労働組合の根本的な考え方としてきた「過年度物価上昇分」を要求するということ。これはつまり、「実質賃金の確保」「生活の維持」を求めることは当然ということである。…

筆者:JAM副会長 藤川 慎一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年2月2日第3003号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ