【登壇労組リーダー】”齢63歳”、もうひと頑張りか/森 澄男

2013.06.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今年9月で満64歳。毎年の積み重ねが64年にもなった。10代の頃はスポーツや勉強?に熱中していたように思うが、20代は社会人となり、そして結婚し、子供も誕生した時点で「アッ!」という間の10年だった。30代は2人目の子供が誕生し、責任ある仕事も受け持つようになり、充実した10年。40代の時に前の会社を退職し「ゼンセン同盟」に転職、労働運動に身を投じた。…

筆者:UAゼンセン北海道支部 支部長 森 澄男

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年6月24日第2926号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ