【登壇労組リーダー】命の尊さ胸に「ご安全に!」/内藤 浩

2016.09.05 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 ご安全に!

 これは、基幹労連が推奨する「仲間の安全と健康を願い、自らの誓いも込めた挨拶」で、ドイツ語のGlucKauf(グリック アウフ)「ご無事で!」という言葉がルーツ。現地では昔から、一度鉱山に入ったら世間日常の感覚を断ち切り安全に徹する必要があり、「こんにちは」ではなく「ご安全に!」を使った。

 命の尊さを改めて認識し、過去の教訓を胸に刻み、災害の連鎖に歯止めをかけようと、昼夜を問わない万能挨拶として普及に努めている。…

筆者:基幹労連岐阜県本部 委員長 内藤 浩

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年9月5日第3079号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ