【登壇労組リーダー】労組の立場で通信の信頼確保/野田 三七生

2013.02.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 他の産業と同様に、私たちが従事している情報通信・情報サービス産業における昨今の劇的変化には尋常ならざるものがある。

 スマートフォンやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の爆発的普及によってICT市場も「新たな時代に突入した」といわれており、通信のブロードバンド化やIP化、そして固定電話と携帯電話の融合やグローバル化――等が急伸する状況下で、「クラウド」「020」「M2M」「Bigデータ」…等の耳慣れない言語が闊歩する状況には日々驚くばかりである。…

筆者:NTT労働組合中央本部 事務局長 野田 三七生

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年2月18日第2909号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ