【登壇労組リーダー】時給1000円早期実現を/酒井 清明

2015.12.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 すべての働く者のうち、4人に1人は年収200万円という衝撃的なデータがある。また、低賃金のため結婚をあきらめた男性が増え、第2子を授かりたくても生活が不安なのであきらめた女性も増加するなど、これから将来を担う若者は厳しい環境にさらされており、今や大きな社会的な問題になっている。

 連合愛知は2015春季生活闘争のなかで、「デフレからの脱却」と「経済の好循環の実現」に向け、月例賃金にこだわる取組みを展開した。その結果、…

筆者:連合愛知 労働政策局長 酒井 清明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年12月21日第3045号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ