【登壇労組リーダー】闘いの中で活路を切り拓く/伊藤 実

2016.01.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 折からの規制緩和により、タクシー産業は増車・低運賃競争が業界全体に吹き荒れ、産業が大きく劣化してしまった。

 矛盾は乗務員に転嫁され、年収ベースでは4割も低下。安全輸送が脅かされる状況も拡大したため、我われ全自交は、東京と大阪で行政訴訟を闘って2009年のタクシー特別措置法施行を導き、規制緩和の見直しを実現した。しかし、地域限定・期間限定の対策で、かつ事業者の自主性に委ねられたため限界が露呈。公正取引委員会の介入(新潟の運賃改定をカルテルと認定)も実効性を奪った。…

筆者:全自交労連 中央執行委員長 伊藤 実

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年1月25日第3050号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ