【登壇労組リーダー】ムードに流れず弱者の立場で/白川 祐臣

2013.05.06 【労働新聞】

 私たちJAM東京千葉は、ものづくり産業の中小労組を中心とした産別労組である。

 労働者の賃金・所得水準は、マクロ的に97年をピークとして低下している。特に中小・零細企業の労働者は、定期昇給の未実施や凍結、賃金カットやコスト重視の賃金制度改定などによって、賃金構造が毀損してしまったと考えている。…

筆者:JAM東京千葉 執行委員長 白川 祐臣

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成25年5月6日第2919号6面

あわせて読みたい

ページトップ