【登壇労組リーダー】重要度増す「労働セミナー」/菊川 泰

2015.03.23 【労働新聞】

 昨今の雇用状況などをみて、教育の果たす役割が極めて重要であると考えている。今後の社会を担う人材を育てるとともに、自らも教育に参加することを教育改革の目標に据え、就労前の学生を中心に出前講座や大学寄付講座等を実施、労働教育事業に取り組んでいるところである。

 愛媛においては、雇用のミスマッチや就労後3年以内の離職率が全国よりも高く、就労前の労働教育の重要性が露わになった。…

筆者:連合愛媛 事務局長 菊川 泰

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成27年3月23日第3010号6面

あわせて読みたい

ページトップ