【登壇労組リーダー】地域再生が未来を創る/新妻 健治

2014.02.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 産業資本主義の勃興から「大きな物語」としての「福祉国家」建設に機能した労働組合は、「人間いかに生きるか?」の哲学に還元し、社会的責任として社会改革の運動を、大衆運動を基本として実践せねばならない。

 今、その時代が終わり、内向きになって存在感が希薄化している。しかし、社会改革の主体として、様ざまな社会問題解決に挑戦するならば、そのアイデンティティーを再度確立して活力を取り戻せるであろう。…

筆者:イオングループ 労働組合連合会 会長 新妻 健治

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年2月24日第2958号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ