【登壇労組リーダー】「20歳からの正社員義務化」を/江並 洋

2012.03.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 一方的とも言える厚生年金支給開始年齢の引上げに伴い、厚生労働省が打ち出した「65歳までの継続雇用義務化」。これに対し、経団連と連合は意見対立の状況ではあるが、日本経済再生に向け、労使協力する方針を固めている。

 では、各産別の労組はどう判断を下すべきか。安易に取り組めば、これまで営々と築いてきた労使関係に悪影響を及ぼしかねないため、まずは少子高齢化の原因について考えてみたい。…

筆者:トヨタグループ宮崎労働組合 執行委員長 江並 洋

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年3月12日第2864号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ