【登壇労組リーダー】雇用安定と格差是正をこそ/梅田 弘

2015.02.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 我われは、人材派遣会社で働く正規社員、派遣スタッフで構成し、昨年で結成10周年という、まだ歴史の浅い組織である。07年には組合員4万2000人(31分会)を数えたが、リーマン・ショックで派遣先での解約が相次ぎ、加盟企業では合理化も発生して3年間で約2万8000人激減。今現在の組織人員は1万7500人(11分会)である。

 当時の合理化を思い起こせば、どの家庭においてもリストラ問題が深刻に話し合われ、多くの家庭が住宅ローンや子供の教育費で深刻に悩んでいた。希望退職に応じたとしても次の再就職は極めて困難で、…

筆者:UAゼンセン人材サービスゼネラルユニオン 会長 梅田 弘

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年2月23日第3006号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ