【登壇労組リーダー】消費増税は医療崩壊の二の舞/村山 正栄

2012.05.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「社会保障と税の一体改革」を掲げる野田首相は3月8日、衆院財務金融委員会で小泉内閣(当時)による社会保障費抑制政策について触れ、「かなり無理が生じたのではないか。結果として医療崩壊、介護難民などの弊害につながった」と批判。地方交付税の見直しや補助金削減、税源移譲による国・地方の三位一体改革についても「地方の疲弊につながった」と指摘した一方、自らが手掛ける社会保障と税の一体改革については「国民生活が第一との理念で必要な手当てをする」とアピールした。…

筆者:ヘルスエア労協 事務局長 村山 正栄

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年5月21日第2873号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ