【登壇労組リーダー】多摩市などで公契約条例制定/傳田 雄二

2012.01.30 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 地方連合会と関係組織の連携で条例制定の本格的展開へ取組み強化を!

 昨年12月21日、多摩市議会は全会一致で「多摩市公契約条例」を可決した。都内初(全国で3番目)の公契約条例は、4月1日から施行される。多摩市の阿部裕行市長は立候補時から条例制定の必要性を唱え、市長当選後は、議会各派に理解を求めてきた。

 09年に野田市で全国初の公契約条例が制定され、公契約事業で働く労働者の賃金・労働条件を適正に保つことが盛り込まれた。…

筆者:連合東京 副事務局長 傳田 雄二

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年1月30日第2858号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ