【ぶれい考】「幸福経営学」のススメ/田中 雅子

2019.01.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ご縁があって、2年程前より「みんなで幸せでい続ける経営研究会」に参画している。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の前野隆司研究室と㈱ウエイクアップが主宰し、大手企業十数社が、事例研究、ディスカッション等を行っている。

 海外の諸研究によれば、幸福な人は、生産性が高く、創造性が高く、離職率が低く、顧客からの評価が高い。前野教授は、次の「4つの因子」すべてが高いと幸福度が高くなることをデータ分析で明らかにした。第1因子=自己実現と成長(やってみよう因子)、第2因子=つながりと感謝(ありがとう因子)、…

筆者:古河電気工業 執行役員 人事部長 田中 雅子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成31年1月15日第3192号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ