【求人・採用担当者のための改正職安法】第20回 人材紹介会社の選び方④ 解雇の手助け求めない 「再就職支援型」利用時に/岸 健二

2018.05.31 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

変貌する「スカウト型」

 人材紹介事業のビジネスモデルで恐らく最も多いと思われるのは、「一般登録型」といわれるものだ。ウェブを駆使しているケースが増加したが、要は求職者と求人者を受け付けてマッチングを行い、雇用のあっせんを通じて就職転職に結び付けるもので、これ以外に「スカウト型」、「再就職支援(アウトプレースメント)型」というビジネスモデルもある。

 「スカウト」という意味は、ここ十数年で大きく変貌した。個人情報保護法施行前、世の中の優れた人材の情報は、ちょっとしたコツ・ノウハウがあれば入手することは容易だった。…

筆者:一般社団法人 日本人材紹介事業協会 相談室長 岸 健二

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年6月4日第3163号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ