【求人・採用担当者のための改正職安法】第8回 求人・募集者の規制強化⑥ 事業場外みなしに注意 日常の労務管理再点検を/岸 健二

2018.03.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

IT機器普及で変化も

 前回述べた固定残業代とともに、従来からあった制度ではあるが「事業場外みなし労働制」についても触れておきたい。

 事業場外で働くことの多い職種では、事業場外労働に関するみなし労働時間制が採用されている場合が多い。

 この制度の採用率は、前々回述べた専門業務型・企画業務型の裁量労働制の採用率に比べてずっと高く、…

筆者:一般社団法人日本人材紹介事業協会 相談室長 岸 健二

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月5日第3151号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ