【求人・採用担当者のための改正職安法】第12回 新卒採用の注意事項 条件変更は「不適切」 内定までに明示必要/岸 健二

2018.03.29 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

先行する若者雇用法

 今回の法改正に至る推移をみると、わが国の労働行政は、若者雇用促進法による様ざまな制度変更を突破口に、これを募集採用全体に広げ、新たな政策を実現しようとしているようにみえる。いわゆる「ブラック企業」の求人不受理は、すでに新卒や若年層の募集採用については実施されており、これをはじめとした職場情報の公開等、新卒等の募集採用政策の浸透状況や派生する軋轢等についての諸対策を考えて手当てした上で、その考え方が新卒等に限定しない政策へと拡大されることは容易に予測できる。…

筆者:一般社団法人日本人材紹介事業協会 相談室長 岸 健二

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年4月2日第3155号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ