【求人・採用担当者のための改正職安法】第10回 求人の不受理① 「ブラック企業」を追加 従来は違法求人等のみ/岸 健二

2018.03.15 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「最賃以下」など排除

 今回の職業安定法改正前から、個々の求人の労働条件内容に法違反がある場合、またその申込みの内容である賃金、労働時間その他の労働条件が通常の労働条件と比べて著しく不適当であると認めるとき、あるいはそもそも職安法第5条の3第2項によって求人者の義務となっている労働条件明示をしないときには、ハローワークや無料の職業紹介事業を行う地方公共団体、民間の職業紹介事業者は、全件受理義務の例外として、その求人を不受理とすることができた。…

筆者:一般社団法人日本人材紹介事業協会 相談室長 岸 健二

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月19日第3153号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ