【求人・採用担当者のための改正職安法】第17回 人材紹介会社の選び方① “総合サイト”を活用 各事業者の特徴つかむ/岸 健二

2018.05.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

情報公開を義務付け

 厚生労働省は、従来、「人材サービス総合サイト」というホームページ(この秋設置予定の求人者募集者の情報を掲載する「職場情報総合サイト」とは異なる)を開設し、労働者派遣事業と職業紹介事業者について、その許可・届出事業者の一覧を公開し、求人者求職者や派遣事業利用者をはじめとして国民が広く検索閲覧できる環境を提供してきた。

 その掲載データは、行政処分としての事業停止命令、事業改善命令、事業廃止命令や許可取消命令を受けた者が検索できるようになっており、問題のある事業者を知らずに利用して、求人者求職者が被害に遭わないよう情報公開を行ってきた。…

筆者:一般社団法人日本人材紹介事業協会 相談室長 岸 健二

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年5月14日第3160号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ