【求人・採用担当者のための改正職安法】第11回 求人の不受理② 労働法違反企業も対象 是正し一定期間経過まで/岸 健二

2018.03.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

中途採用含む全求人で

 今回の職業安定法改正では、求人時の労働条件には全く違法な点がなくても、求人者自身に労働関係法令違反があった場合、当該求人者からの求人を一定期間不受理の対象とする定めが記載された。この部分の施行は「公布から3年以内」とされているので、実質あと約2年後にはすべての求人に対して適用されることが決まっている。

 この条項と同様の規制はすでに、若者雇用促進法により新卒者等の求人を対象に実施されていることから、企業の求人・採用担当者は、新卒求人についての不受理の運用の内容をよくみて、これがすべての求人に適用が拡大されるときに備える必要がある。…

筆者:一般社団法人 日本人材紹介事業協会 相談室長 岸 健二

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月26日第3154号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ