【求人・採用担当者のための改正職安法】第3回 求人・募集者の規制強化① 労働条件を再明示へ 内定申出時に変更あれば/岸 健二

2018.01.29 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

条件明示義務を強化

 前回触れた「雇用仲介事業等の在り方に関する検討会報告書」には、求職者保護の強化の項目において、求人に際して明示される労働条件などの適正化の必要性を掲げ、固定残業代の明示など指針の充実、虚偽の条件を職業紹介事業者等に対し提示した求人者に係る罰則の整備など、必要な強化を図ることが適当であると記載されている。

 国の職業紹介機関であるハローワーク経由の転職就職においても、当初ハローワークでみた求人票に記載されていた労働条件と実際に就職してみた後の労働条件が違うという苦情が、平成26年度1万2252件、27年度1万937件、28年度9299件と、減少傾向にあるものの、年間約1万件申し出られている。…

筆者:一般社団法人日本人材紹介事業協会 相談室長 岸 健二

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年1月29日第3146号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ